ソーラーサーキットの家

ソーラーサーキットの家

02sc_top

ソーラーサーキット(SC)は単なる高断熱高気密を超えて「外断熱・二重通気工法」からなる閉鎖型と開放型を兼ね備えたシステムです。その仕組みや性能により、冷暖房のように機械に多くをたよることなく、四季の自然を取り込んだ、健康的で快適な温熱環境をつくり出します。

夏は開く。冬は閉じる。 自然の恵みが家の中を ここちよく整えてくれる。

夏と冬、大切な役割をはたすのが、床下と小屋裏にそれぞれ設けた開閉ダンパーです。このダンパーを開けたり閉めたりすることで、室温や湿度を調節します。太陽光や風など、自然のエネルギーを利用した技術なので、肌にも心にも気持ちよく、また、省エネの効果も期待できます。

sc01ソーラーサーキット7つのポイント

 

sc-01

1. 外断熱

包み込むような暖かさと結露の少なさ。室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命化に貢献します。

sc02

2. 二重通気

二重通気の技術は、躯体を外装材、断熱材、内装材で三重に包み、それぞれの間にアウターサーキット(外側)とインナーサーキット(内側)と呼ばれる二つの気流の通り道(通気層)を設ける工夫。通気層を通じて暑気や湿気を外へ逃がすことで、さわやかな室内環境をつくります。

sc03

3.気密

「気密性能」が寒いすきま風をシャットアウト!閉じるべきところ、見えないところも、きっちり隙間なく、ていねいに施工をすることで得られる品質です。

sc04

4.SCウィンド

カビ・ダニの温床となる結露。高性能樹脂サッシが未然にブロックします。

 

sc05

5. ダクト式24時間喚起

汚れた空気は健康の敵。いつでもキレイな空気環境を維持するために、シューズクローク、納戸などもダクト配管が可能で、家の隅々まで、汚れた空気を排出し、室内を24時間いつも新鮮な空気で保ちます。

sc06

6.基礎外断熱

家を建てる上で大切な部分のひとつである基礎。家を守るためには、躯体の重みや外気の影響、予期せぬ自然災害などに備え、さまざまな条件に耐えうる強度のある基礎をつくる必要があります。

sc07

7. ターミネッシュ

家を土台から崩壊させかねないシロアリ。シロアリによる被害は地震や火事よりも大きいともいわれており、万全の対策が必要です。また、建材からの揮発成分によって体調を崩すシックハウス症候群に対して、ソーラーサーキットの家では室内の換気だけでなく床下対策にも配慮しています。

 

お客様の声

人と木が寄り添って暮らす理想の住まい

vcs01

郡山市・O様

理想としたのは古民家風の家。家のことを学んでいた中でソーラーサーキットの家に行き着きました。自慢の床柱は日光杉です。木を熟知した職人さんが、床の間や縁側、建具まで、すべて希望通りに仕上げてくれました。至る所に木組みの技が光る我が家、木の美しさと温もりにあふれています。

 

ムクの木の心地よさが大空間を包み込む家

vcs02

小野町・S様

まず、ソーラーサーキットの性能の良さを体感ハウスで感じました。冬でもとにかく暖かな家にしたかった希望が叶いました。広がりのある室内は、ナラのムク材に囲まれ心地良いです。水まわりが効率的にまとまっていて、忙しい朝も食事作りから洗濯まで短時間ですみ、家事がラクですね。

ページ上部へ戻る