NEWS

四倉の家 ~リノベーション~

築100年を超える古民家を現代の生活水準に合わせてより快適に、より大切に、そして、これからも家族を守る器として建物も健康でなくてはとの思いで今回大規模なリフォームを施しました。今まで母屋と離れを行き来する生活でしたが、母屋だけで生活をできるよう計画し、古民家住宅の活かす部分、改善する部分を適切に判断しながらお客様の想いを形にすることができました。

tubo001
明るく一体的にしたLDK

tubo002
アンティークなガラス照明

tubo003
庭を眺めながらの書斎(奥は蔵戸を再利用)

tubo004
小屋組に家族の歴史を感じる空間

tubo005
壁を取り払って明るい座敷へ

tubo006
座の空間でおもてなし

ページ上部へ戻る